Clean Coderを読む

第1章 プロ意識 が胸に響いた。

  • 最低限の自分の専門分野をまずは理解する。
  • 学習、練習を継続する。繰り返しカタを使って反復練習する。
  • 週40時間は雇用主のために、残り20時間は自分のために読書・練習・学習に使う。

Clean Coder プロフェッショナルプログラマへの道

Clean Coder プロフェッショナルプログラマへの道